万葉の花とみどり
あぢさゐ 安知佐為 アジサイ
  言問わぬ木すら紫陽花諸弟等が 
練の村戸にあざむかえけり  
大伴家持 巻四 七七三 
『読み』こととわぬ きすらあじさい もろとらが ねりのむらとに あざむかえりけり
『歌意』物を言わない木にさえも、アジサイの色のように移ろいやすいものがあります。ましてや、手管に長けた諸弟の言うことに、私は簡単に騙されてしまいました。

梅雨の候:ぽんぽん状の花が一気に咲く 
万葉時代は地味な原種?
 花の色が変わっていく、あるいは株により色違いのものが多いとされるアジサイ。歌は色変わりするアジサイをもって、調子よく心変わりする人達を揶揄したものだろう。色といい形といい、壮麗の感があるアジサイだが、どういうわけか万葉にはわずかに二首しか詠み込まれていないのだ。なるほど、植物学辞典を調べてみると万葉時代にはまだ原種のヤマアジサイやガクアジサイしか存在しておらず、その後品種改良を受けて観賞に耐えるものが増えてきたということになっている。原種アジサイは八重咲きのものと比べれば確かに地味ではあるから、現在ほどはもてはやされてはいなかったという解釈が成り立ちそうだ。ところが、アジサイを詠み込んだ次のもう一首では、八重咲きとはっきり歌われているではないか!しかも、この歌は、反逆者として藤原一族に討たれた左大臣橘諸兄が、後に同じ運命を辿ることになる奈良麻呂の庭で詠んだという但し書きがついているのだ。邸宅で詠まれたのなら、野生ではない庭植の観賞用花と考えられるのだがどうか。ちなみに、その美しい八重咲きのアジサイが、源氏物語や枕草子にも採用されていない理由もいまひとつ理解できないのだが・・・。
紫陽花の八重咲く如く弥つ代にを いませわが背子見つつ偲はむ
橘諸兄 巻二〇 四四四八

ガクアジサイ:地味だが咲き方に風情が感じられる
色変わりの代名詞
 アジサイの花の色の変化、種類そのものの色の多様性についてだが、これは長くアントシアン系色素の酸性度の違いによるものと、まことしやかに言われてきた。例のリトマス紙の色反応だ。しかし、それほど土壌中の酸性度に違いがないと思われる場合の色合いの説明がつかないこともあり、事情は少し違うのではないかと思われる。私は、酸性度による分子構造の変化という単純なものではなく、土壌中の金属イオン種(主にアルミニウムや鉄)が、色素分子と結合(配位:キレーションという)することで、微妙な色合いを呈するのでないかと考えてる。化学反応機構的なことはすでにその道の方々によって研究実証されていることだろうが、もともと色合いというのは微妙なもの。色素が太陽光の特定スペクトルを吸収することで、残りの光が「色」として人の眼に映るわけで、花びら内の物質が老化して分子構造がわずかに変化するだけでも、色合いが違ってくる性質のものだ。その植物がどんなイオン種をどれだけ吸収して花の色に反映させるのか・・・その辺は土壌の性質を含めた生育環境もさることながら、遺伝子の支配領域に属するものもあるのかもしれないが。

典型的なアントシアンのブルー
シーボルトのアジサイ「オタクサ」
 アジサイは日本に古くから自生する、世界に誇る多く国産種。今や多くの園芸品種があるアジサイだが、中には外国に渡って品種改良され、逆輸入されたものがある。例えば、西洋アジサイとして売られている濃赤色種は在来種にはなかった色だが、江戸末期にヨーロッパに渡り、品種改良を受けたもので、日本に自生していた野生株がもとになっている。これは、長崎に住んだオランダ商館医師のシーボルト(P.F. von Siebold)が帰国の際に日本在来の植物を持ち帰り、ヤマユリを始めとする多くの植物の中にこのアジサイも含まれていたことによる。ところで、シーボルトらは、著書『フローラヤポニカ(日本植物誌)』に、青紫色のアジサイを紹介しているが、和名を「Hydrangea Otaksa」とし、長崎・出島の植物園でも「Otaksa=オタクサ」の名前で栽培していたという。この「オタクサ」の意味は長らく不明だったのだが、シーボルトの現地妻、楠本滝の名をとったものであると言われている。彼は出島の遊郭にいた若干17歳の「滝=お滝さん」を身請して、一緒に暮らすようになる。「お滝さん」を溺愛した彼は、最も魅了された日本のアジサイの和名として、その名をつけたというわけだ。植物学者・牧野富太郎は、何か奥深い言語的な理由が込められているのだろうと真面目に研究していたのだが、その実にあっさりとした語源の意味を知って、えらく憤慨したという逸話が残っているそうだ。もっとも牧野博士、自身の著書にはvar.otakusa としっかり記しているので、シーボルトとお滝さんの「情事の事情」をその後は受容したようだ。ちなみに正式の学名は、ハイドランジェマクロフィラ(Hydrangea macrophylla)で、Hydrangea=「水」と「器」、macrophylla=「大きな葉」という意味。梅雨時の植物としての特色が表現された学名だ。
管理者『妬持』の声:紹介歌の「言問わぬ・・・」だけど、はじめて読んだときは意味がいまひとつわからなくてあまり好感が持てなかったのです。が、何度か目に触れたち声に出したりしているうちに、音というかリズムというか、その不思議な響きがとても魅力的なものとして感じられるようになりました。歌の意味も深長で、色変わりする花から魑魅魍魎たる人間関係をうまく読み解いているではありませんか。それにしても、勝手に愛人の名を学名にするのありか?
「参 考」万葉植物辞典(山田卓三 中嶋信太郎・北隆館)
 大伴妬持