万葉の花とみどり
あさがほ  朝皃 安佐我保  アサガオ

 展轉び恋ひは死ぬともいちしろく
      色にはいでじ朝貌の花
                作者未詳 巻十 2274

『読み』こいまろびこいはしぬともいちしろく いろにはいでじあさがおのはな
『歌意』恋焦がれ、もだえ死んでしまうのではと思うほど苦しんでいる…。でも、その想いははっきりと顔色には出すわけにはいきません。あのあさがほの花のようには…。



正統派アントシアンブルー:多種多様なアサガオが出回る一方、オーソドックスな種も人気が高い。


気持ち顔色を表す花
 歌は、顔色にこそ出さないけれど、この恋心をどうかわかって欲しい、というところでしょう。「貌」という文字が示す通り、気持ちが顔色に表れるという表現から、アサガオはなるほど擬人化にふさわしいし植物であるように思われます。色、模様ともたくさんの改良種があり、ポピュラーな花として、楽しみ方の豊富な花です。ツル性を利用した植栽の工夫もいろいろあって、例えば、ツルを二階まで誘引し、夏の日除けにすることもありますが、遠目で見るとまるでみどりの拡大スクリ−ンに映し出される花火のように、大輪の花が毎日咲き乱れる様子はなかなかの風情です。アサガオの名は、毎朝決まって開花し昼にはしぼんでしまい、まるで朝のあいさつのような開花周期を持つことからその名は、なるほどを納得のいくネイミングです。

あさがほ論争
 アサガオの名ですが、当時から朝に咲くからアサガオ、昼頃ならヒルガオ、夕方ならユウガオと呼んでいたということなら自然です。しかし、問題はそれほど単純ではないようです。まず、現在のツル性のアサガオが、当時すでに渡来していたものかどうか…。現在のツル性アサガオは平安初期(799年か?)に渡来したというのが通説で、万葉で詠まれた「あさがほ」に比定するのは不都合があるとのこと。では、いったいどの植物が適当なのかと、古くから議論がなされてきたのがいわゆる『あさがほ論争』です。遺伝子解析により、原産地がネパール高原であることは明らかになっているのですが、日本には遅くとも8世紀末に、遣唐使により薬草などとともにシルクロードを経て持ち込まれていたと考えられます。平安のメジャー作品である源氏物語や枕草子に記述のあるものは、すでに現在のツル性「アサガオ」と見て間違いないのですが、山上憶良の「秋の七種」には秋の野に咲く花とあり、果たして現在のアサガオが適合するかどうかは確かに疑問です。
 次の万葉歌に「あさがほ」が夕方になっても咲いている様子が詠み込まれています。
 あさがほは朝露負いて咲くといえど 夕影にこそさきまさりけれ
                     作者不詳 巻十・2104
 歌意は「朝顔は朝露に濡れて咲いているのが美しいというが、夕方の光を受けて影を落とす様子の方がより美しいと思う」となり、ここでは夕方にも咲く生態が明らかです。そこで、ヒルガオの他、ムクゲ、キキョウ(牧野太郎博士説)も「あさがほ」の有力な候補としてあげられています。特に、最有力とされるキキョウですが、数日間咲き続けるのが朝に咲く花としてどうなのか、疑問は残ります。また、木本であるムクゲが、秋の野の七種とするのはどうかとか、早朝には咲かないヒルガオ…どれもこれだという決め手に欠け、今だ完全に決着を見ないようです。
 なかなかに人とあらずは桑子にも ならましものを玉の緒ばかり
                  
作者不詳 巻十二 3086 
『読み』なかなかにひととあらずはくわこにも ならましものをたまのおばかり
『歌意』なまじ人間として生きていくよりも、いっそのこと蚕にでもなったほうがましだ。蚕の命は短いけれども。


キキョウ:もちろんツル性なし ムクゲ:野草とは言えない本木

「アサ」と「カオ」のイメージから
 万葉集には「あさがほ」の歌は5首納められていますが、「恋…花の色にいでじ」「…朝露負いて…」「…いわばゆゆしみ…穂には咲きでぬ恋…」などの情熱的な表現から、鮮やかな赤系の色がイメージできないでしょうか。定説のキキョウは、酸性色を持たず、寒色で地味で、、花も数日間咲き続けることから、「朝顔」とするのには少し引っかかる感じもします。また、ヒルガオに比定される「かほばな」との関連ですが、万葉人は現在ほど、朝と昼の時間的な隔たりをそれほど厳密に区別して意識していなかったことも考えられます。輪状の花を咲かせるため、同じ「かほ」のつく字を当て、その後平安時代にはいつの間にか自然に受け入れられていたことも考え合わせると、「ヒルガオ」も十分適合するように思われます。
 秋の七種の歌の作者である山上憶良は、筑前守として天平元〜五年の間九州に滞在していたことが記録に残っています。百済人を父に持つ憶良は二世帰化人として、すでに大陸のツル性アサガオを所有していたか、またその知識を有していたかもしれず、秋の野に咲く花の最後の種として「あさがほ」を加えた可能性はあるようにも思えます。


管理者『妬持』の声
 犬を散歩されている近所の方から「お宅のアサガオは夕方でも咲いているんですねえ、それにもう11月も半ばだというのにほんとに不思議だこと…」と声をかけられたことがあります。確かにわが家のアサガオは夕方どころか日没まで咲いていて、晩秋まで花を楽しむことができる種でありました。それまではそういう性質を持つ種類なのだろうといった程度で、気にもとめていなかったのですが、あさがほ論争に言及した際にあらためて思い出されたのが「…夕影にこそさきまさりけれ」の歌です。万葉時代にすでに渡来していたアサガオが、開花時間の長い原種アサガオである可能性も考えてみたりしています。


TOPページ→