万葉の花とみどり
はちす    ハス
勝間田の池は我知る蓮なし 然言ふ君が髭無き如し
婦人 巻十六 3835
『読み』かつまたのいけはわれしるはちすなし しかいうきみがひげなきごとし
歌意』勝間田の池には私の知る限り美しい蓮などありませんよ。そういうことを言うあなたに髭が生えていないようにね。
ハチの巣転じてはちす
 外出先で美しいハス(=美人)でも目にしてきたのだろう。そばに使える婦人がそれをからかって、確かあの池にはハスなどは咲いていませんでしたがねえ、あなた様に髭がないように・・・などとやり返した歌である。しっかり見抜かれた当の髭無しの御仁は、天武天皇の第七皇子、新田部親王であり、蓮の字は「恋」に通じることから、この歌には他にもいろいろ恋情にかかわる諸説があるようだ。蓮は、スイレン科、熱帯産、多年草の水生植物で、花托(花の中心部:実がなる)が蜂の巣の形に似ていることから、「はちす」と呼ばれてきた。また、仏教との関わりもあり、その巨大な花は極楽浄土に咲くとされ、そのイメージは仏像の台座に使われてもいる。
花托はハチの巣のよう 仏の台座のイメージとして知られる
花よりレンコン
 
花のスケールの大きさや色の美しさのわりに、万葉集では花そのものを詠み込んだ歌は他に見あたらず、もっぱら葉の方ばかりが「はちすは」として登場するから不思議である。次の長忌寸意吉麻呂の歌では、蓮と里芋の葉を引き合いに出しており、食物を盛るのに葉が使われていたことが伺える。
蓮葉はかくこそあるもの意吉麻呂が家なるものは芋の葉にあらじ
長忌寸意吉麻呂 巻十六 3826 
 考古資料からも古来より食べ物として好まれてきたことは確かであるが、観賞用として本格的に栽培されるようになったのは、江戸時代(上野の不忍池が有名)以降で、その点も不思議である。蓮の根の部分は文字通り「レンコン」として親しまれてきたが、特に縁起物とされるのは、根に穴があって先を見通すの意からだそうだ。根に穴があるのは水生植物であるハスは、葉の表面にある気孔から摂取した空気を葉柄を通じて地下茎に貯える機能を備えている。試しに葉柄の部分から息を吹き込んでみるとよい。水底のレンコンの先端を切り落としておくと、空気が柄の4本の穴を伝って地下茎の空気タンクに運ばれる算段になっていることが確認できるはずだ。

種は長寿

 ハスの種子は種皮が硬く発芽させにくいが、逆に条件が良ければかなり長期間保存が効くということでもある。千葉県検見川市や埼玉県行田市の約二千年前の地層から発見されたハスの種子が、発芽したというニュースは人々を驚嘆させた。ハスの種がいかに長寿であるかがわかるエピソードだった。これらは古代のハスとして、各地で大切に栽培され、特に行田市ではその後、古代蓮の池公園が建設されるにも至っている。ちなみに、現在各地で栽培されているハスは、仏教の本家インドの原産で、すでに縄文末期に渡来していたことがわかっている。

管理者「大伴妬持」の声
 花が咲くときにポンと音がすると聞いたことがありますが、実際のところはどうなのでしょう?じっと観察するほど我慢強くないし、あんなものが本当に音を出すのでしょうか?
TOPページ→ 大伴妬持