万葉の花とみどり
かえるて もみち  紅葉 黄葉 カエデ
 秋山の黄葉を茂み迷いぬる
妹を求めむ山道知らずも 
柿本人麻呂 巻二 208 
『読み』あきやまのもみちをしげみまよいぬる いもをもとめむやまぢしらずも
歌意』秋の紅葉がすばらしくついつい茂みに迷い込んでしまった。恋しい妹を探したいが、山道がわからなくなってしまったことだ。

名は蛙手状の葉形から
春先に小さな花をつける 天高い青空に紅が映える
もみじは紅葉する植物の総称
 
モミジに該当する植物としては、「かへるで」といった場合のカエデ(かへるで:蝦手、加流敝弖)属のイロハモミジ(タカオカエデ)やオオモミジなどやウルシの仲間を指すことが多い葉の形のユニークさといい赤や黄色のといい、庭園には欠かせない樹木となっている。「もみじ」は、華麗な花をつけるわけではないのだが、秋山を美しく彩ることから、万葉集には多くの歌に詠み込まれている。現在では「もみじ」というと、一般には紅葉を指すが、万葉時代はほとんど「黄葉」と記されていた。これは、秋の深まりとともに葉の色が変わっていくことを「黄変つ(もみつ)」という動詞で表現したからで、別段万葉人が赤色と黄色の違いを識別していなかった訳ではない。現代人が緑色の葉を無意識に「あおい」と表現するのに近いかも知れない。次の歌でも葉が紅葉していく様子が「黄変つ」で表されている。
わが屋戸に黄変つかえるで見るごとに 妹をかけつつ恋ひぬ日はなし
大伴田村大嬢 巻八 1623
 歌の「妹」「恋」は男女間恋愛を詠んだものではなく、姉が文字通り妹を慕い、贈ったものである。作者大伴田村大嬢(おほをとめ)は、大伴旅人の弟である宿奈麻呂の娘で、異母妹の坂上大嬢に親愛の情を抱いていた。ちなみに、田村大嬢は、万葉集に八首の歌を残しているがそのすべては、妹の坂上大嬢に贈ったものである。次の藤原八束の歌でももみじは黄葉となっている。
春日野に時雨ふる見ゆ明日よりは 黄葉挿頭さむ高円の山
藤原八束 巻八 1571 
 しかし、平安時代になると「黄葉」の表現は姿を消し、ほとんどモミジ=紅葉となってしまったようだ。次の首は小倉百人一首に採られいることでも有名である。
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき
猿丸大夫 古今集 
手形葉は庭に不可欠な存在 葉形、色には多くのバリエーション
管理者『妬持の声』
 
  管理者:大伴妬持