万葉の花とみどり
からあゐ  韓藍・辛藍・鶏冠草  ケイトウ
 我が屋戸に韓藍蒔き生ほし枯れぬれど
懲りずてまたも蒔かむとそ思ふ 
山部赤人 巻三 384 
『読み』わがやどにからあいまきおおしかれぬれど こりずてまたもまかむとそおもう
『歌意』我が家の庭に韓藍の種を蒔いて育て、それがもう枯れてしまったが、性懲りもなくまた蒔こうかと思っている。
  確かに鶏の冠!園芸種として、様々な色形がある。

韓の国から来た「あゐ」
 からあゐとは現在におけるケイトウであるとされている。「韓藍蒔き生ほし枯れぬ…」の歌では、赤く鮮烈な色は恋心を表し、ケイトウを美しい女性そのものをたとえているものと解せる。美しいあの女性を将来妻にしようと大切にしてきたが、自分から離れ、他人のものになってしまった…というように読むのだそうだ。  からあゐの名は、韓(から)の国から来たからとも、赤い藍(あかあい)が転じたともいわれるが、古くから花の赤い部分はもちろん、葉も染料として用いられてきた。ケイトウは熱帯地方を原産とするヒユ科の一年草で、漢字で鶏頭と書き、名の示すとおり花がニワトリの鶏冠に似ている。園芸種で先の尖ったものや黄色の花も見かけるが、やはり燃えるような濃い赤の鶏冠型方が葉の緑に映える気がするがどうだろう。
写し染めの染料として
 他の自然染料と同様、草木灰の汁や酸で定着を促し、布や紙繊維の染色に使うことができる。昔は、糊ににケイトウの染料を混ぜ込んで直接布に色を刷りこむ写し染めをおこなっていたそうだが、技法の詳細はよくわからない。試しに、画用紙に摺りつけてみがたがこのとおり。これだけの色だから、確かに直接的な染色方法が可能であったようにも思われる。ちなみに次の歌からは、ケイトウが写し染めに使われていたことがわかるが、せっかく育てたケイトウが盗まれてしまったことを嘆いている。

 秋さらば写しもせむとわが蒔きし 韓藍の花を誰か採みけむ
作者不詳 巻七 1362 
管理者『妬持』の声
 後の歌ですが、ケイトウが抜き去られたくらいで嘆かわしいが歌にならないことは明らか。商売物ならともかく。秋が過ぎたなら、ああ写し染めをしようと思ってたのに・・・。なわけないです。大切に育んできたあの子への愛情・・・いずれ目的を達成せむと妄想していたところ、気づいたら別のイイ男に取られてしまった。まあだまだおぼこだと思いこんでいたあの娘がそんなに・・・ああ実にもったいないのう、トホホ。てな解釈になりますか。「懲りずにまた蒔こう」といういうのがまた何ともいいですね。
 大伴妬持