万葉の花とみどり
かたかご  堅香子   カタクリ
 もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ
寺井の上の かたかごの花 
大伴家持 巻十九 4143
『読み』もののふのやそおとめらがくみまごう てらいのうえのかたかごのはな
『歌意』大勢の若い娘たちがやってきて、入り乱れるようにして水を汲んでいるが、井戸の傍に咲くかたかごの花の美しいことよ。
うつむきかげんに咲くカタクリ
冷涼を好む籠(かご)に似た花
「もののふ」は、宮仕えの文武百官で、多くの出身氏がいたことから「八十」の枕詞として用いられ、たくさんの娘達が水汲みにやって来て、わいわいにぎやかにしている様子が歌われている。「かたかご」は、万葉仮名で堅香子と記載されていたので長らく堅樫、つまり樫の木の一種ではないかと考えられていた。ところが、鎌倉期にかの仙覚が「かたかご」の読みを提唱、その後、カタクリに比定するのが通説となっている。うつむきかげんにひっそりと咲く可憐な花であるが、数ある万葉集の中でわずか一首にしか登場しないということでも特筆すべき花である。
 カタクリは冷涼な気候を好む、どちらかというと寒冷地向きの植物であり、現在の南限は四国、大和地方においては葛城山系の山頂部にしか自生していない。現在よりは気温が低かったと思われる万葉時代であっても、畿内の人々の目に触れる機会はあまりなかったのではないかと思われる。この歌は、天平勝宝二年三月、越中守として赴任していた家持が現在の富山県高岡市あたりで詠み上げられている。寒冷地へ赴任していたことで、たまたま編集者である家持がこの歌を万葉集の中で唯一詠み込んで選じることとなったものだ。
 「かたかご」の名の由来は、「傾いた籠」花の形が籠ににていて、頭を垂れるように咲くことから付けられたとされる。ちなみに、「カタクリ」の方は、この植物がクリ林を好んで自生することから来ているとも言われている。
昼なお暗い広葉樹鱗林の山の斜面に群生
どういうわけどの花もそろって同じ向きに並んでいる
絶滅危惧真性「カタクリ粉」
 カタクリは、「片栗粉」として一般にその名を知られるユリ科の植物である。これは地下茎(球根)が大きく、かつてはここからデンプンを採って食用にしたことによるものである。しかし、もともと冷涼新鮮な気候を好む種であり、昨今の環境の変異によるものか、カタクリの数は激減し、すでに幻の野草と化している。市販される片栗粉の原材料はもちろんジャガイモデンプン。それもすでに輸入物が多いとのこと。真性の片栗粉を所望したいと思えば、大人数で山を探し回り、ようやく探し当てたカタクリをそれはそれは地下深く掘り起こす事になる。さらに、掘りあげた球根はていねいにすりおろして水にさらすなどの作業も覚悟せねばならない。そのコストたるやg単価は金の値をも上回りかねない。万葉人はなんと贅沢な炭水化物を摂取していたことか・・・。花の方も、京都老舗の贅沢な御膳にたまに付いてくることがあるそうだが、自分のような一般ピープルはまず一生お目に掛かることはない。
 群生地を歩き回って気づいたことだが、どれもこれも東向きの傾斜地に生えていて、花は紋をきったように同じ方を向いているようだ。傾斜角の関係で、花の頭を垂れるので、その方向が同じなのはまあ当然のことではある。宙に浮いたように大きな花を付けるのでよけいにそのような印象を受けたのかもしれない。歌では井戸の傍らにカタクリの花が咲いていたとあるのだが・・・。

管理者『妬持』の声
 カタクリの群生地として知られる小川町内の西光寺に行って参りました。駐車場で小銭をお布施して、さっそく西側の傾斜地へダッシュ。おお咲いてる咲いてる、一面カタクリの花が!早速デジカメを出したところが、どれもこれも急な斜面に生えている。うまく撮れないので、地面にはいつくばるようにして、カシャリカシャリと収録。ついでに有名なしだれ桜の写真も撮れたので大満足。周囲の目も顧みず、はしゃいでた私でありましたが、帰宅後、画像編集しようとファイルを開いてみると、あれ、どれもピンぼけ。ただでも薄暗い林の中で夕方だったので光量不足のよう。しかも、群生広角アングルがない!地べたに這って、近接撮影画像たったの4枚でした。
「参 考」万葉の花100選(大貫茂:淡交社)
 大伴妬持