万葉の花とみどり
くれなゐ   紅花    ベニバナ
 紅の深染めの衣を下に着ば
人の見らくににほい出むかも 
作者不詳 巻十一 2828 
『読み』くれないのこそめのきぬをしもにきば ひとのみらくににおいいでむかも
『歌意』紅の色濃く染めた衣を下着として着たのだが、人が見てその色が透けて見えはしないだろうか。

ベニバナ畑:始めは黄色く徐々に中心から色濃くなる
最古級の染色素材
 ベニバナは中東原産で、その栽培の歴史は長く、古くはエジプト第六王朝時代の碑文にその記述があるという。染色素材としてミイラの巻物染色にも使われ、繊維染色に関しては、藍と並び最古級のものと考えられている。日本へはシルクロードを経て高句麗より伝来したが、時代は4−5世紀か、それ以前(「日本書紀」や「風土記」の記述には応神朝とある)になるかもしれない。万葉時代にはすでに染料や薬用として広く使われ、「くれなゐ(紅)」の名で呼ばれていた。呉(くれ=高麗がなまった?)の国の藍染め、略して「くれなゐ」だそうだ。ちなみに、ケイトウは「からあゐ」と呼ばれ、これは「から(韓)の国」から来た「藍」だからとも言われている。(藍染め一般をからあゐと呼んだこともあったためまぎらわしい)
 茎の先端に付いた花を摘むことから、末摘花とも呼ばれるのだが、こちらの名の方は源氏物語第6帖の題でもよく知られている。ベニバナ色素は、古来より衣料はもちろん、化粧用の「紅」としても重宝され、単価は金を上回るものであったそうだ。江戸の初期には、最上ベニバナ(現在は山形県花)が、海船で酒田〜敦賀へと、大津を経て京へと運ばれた。いわゆる「紅の道」で、その後、かの上杉鷹山もベニバナ栽培を奨励し、米沢藩の財政立て直しに大いに貢献したとある。このように化粧用の紅を抽出する独自の技術が開発されるなど、日本では江戸時代を頂点に盛んに栽培されたベニバナだが、発祥の地である中東や中央アジアではその後、ベニバナを利用する文化がどういうわけか残らなかったようだ。
 また、最近は、色素カルタミンに人体内の活性酸素を消したり、脳疾患を防止する働きがあるらしいことがわかり、医薬原料として注目されてもいる。
難度の高い染色方法
 ベニバナを水洗するとすぐに黄色い色素が浸出してくる。この色素は水溶性のサフラワーイエロー(Safflower Yellow)で、こちらがベニバナの洋名のサフラワーの名を襲名したわけだ。この黄色の染色液は、「黄染」として木綿の染色に適している。染色方法は、一般的な植物色素の例に準じ、容易である。しかし、庶民的で簡単に染められる黄染めに対し、高級な絹染めに使用される色濃い赤色素カルタミン(Carthamin)は、抽出すること自体が難しく、媒染による発色や固着の効果がない。そこでアルカリ性溶液には溶解しやすい性質を利用して抽出後、酸を加えて色素を分離、繊維に固着させるという実に手間のかかる手法を用いる。古代の染色でこれほど化学的な手法を用いるのはベニバナ以外には見あたらないが、時の職人による試行錯誤と経験を通じて開発された技法なのだろう。
水溶性の黄染めは実に簡単 色濃い紅染めの操作は数回必要


媒染剤を使わず、一つの花でこれらのヴァリエーション。しかも色濃く染めることが可能。
木綿の絞り染め:草木染めによるショッキングピンクはベニバナ以外に考えられない
管理者「大伴妬持」の声
 ベニバナといえば天ぷら油くらいしか思いつかなかったのですが、高校時代に習った源氏物語の「末摘花」がこの花と同一でであることを知ったのはごく最近になってからです。いや、お恥ずかしい。この花、割とガサガサしていてアザミに似たトゲがあるんですね。先に咲いたばかりの花を摘むから「末摘花」と呼ばれるという話ですが、花摘みの際にトゲが指にあたるのでしかたなく先っちょの方をつまむようにするので、このようなネイミングになったのかもしれませんね。
 それにしても、この伝統ある天然色素カルタミン、抗ガン作用があるらしいことがかわり、最近やたら注目されているとか。紫草の色素の抗HIV特性の確認同様、古来の手法なり物質なりにフロンティアを見い出していこうとする試みがなされています。ロマンを超えて科学的実用性という形でも、「いにしへ」が見直されるようになっていくことはとても意味のあることだと思うわけです。
   管理者:大伴妬持