工事中

万葉の花とみどり
万葉探訪記  高松塚古墳〜天武持統陵
高松塚古墳〜天武持統陵・・・飛鳥エリア探訪のスタートは高松塚から・・・。実物の壁画は見ることができないが、古墳の左下に研究施設では・・・
左側に天武持統二代の天皇が共に眠る陵が見えてくる。
高松塚古墳:探訪時には防湿のためのシートが全体にかけられていた。付近は公園となっている。
天武持統陵正面:我が国の律令制度は事実上この二代の天皇により創始された。
天武持統陵東面:吉野宮からの脱出劇からわずかひと月で大津京を撃破し、古代最大の動乱とされる壬申の乱の勝利者となった天武(大海人皇子)。その皇統「天武朝」を継承させるべく奮闘した持統は、自ら火葬により夫天武の眠る檜隈陵に一緒に埋めてくれるよう望んだという。

他の万葉探訪記へ
TOPページ→ 大伴妬持