工事中:画像と歌のみ紹介

万葉の花とみどり
ももよくさ 百代草 母母余具佐 ノコンギク
 父母が殿の後方の百代草      
     百代いでませ我が来るまで 
生玉部足国 巻二〇 4326 
『読 み』ちちははが とののしりへの ももよぐさ ももよいでませ わがきたるまで
『歌 意』父上、母上、屋敷の裏庭の百代草がいつまでも長く咲き続けているように、どうか百代にまで長生きして下さいませ。私が帰って来るまで。
そこいらの草むらで群生し、秋も深まる11月下旬頃まで咲く。つぼみがやや紫色なのが特徴。
諸国防人の歌
 筑紫に派遣される防人の父母への悲しき別れの歌です。・・・・工事中
管理者『妬持』の声
 「百代いでませ我が来たるまで」・・・実に美しいがもの悲しいフレーズです。・・・庭に植えるとあっという間に増殖します。
・・・・工事中
TOPページ→ 大伴妬持