万葉の花とみどり
ね ぶ  合歓 ネムノキ
 昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花
君のみ見めや戯奴さへに見よ 
紀女郎 巻八 1461 
『読み』ひるはさきよるはこいぬるねぶのはな きみのみみめやわけさえにみよ
『歌意』昼は花が咲いて、夜は葉が重なって抱き合うように寝るねぶの花、主人である私だけで見るべきものであろうか、そちも見なさいよ。

毛が逆立ったように咲く
艶っぽい名前
 合歓の花とは今でいうところの「ネムノキ」。本州以南の山地に自生するマメ科の高木。夜になると葉を互いに重ね合わせ眠ったようになることから、「ねむる」→「ねぶる」と転化したと考えらる。漢名では「合歓木」(コウカギ)と書くが、これは男女の営みを表す言葉でもあり、歌の「夜は恋ひ寝る」という表現からも分かるとおり、作者の紀女郎はこの葉に恋人同士が抱擁しあっているイメージを見ていたはず。
 歌の「君」は紀女郎自身のことで、「戯奴」とは若輩者をからかう呼びかけのことば。遠方に赴いていた恋人の大伴家持に対し、「さあ、お前さんも…」くらいの意になるだろう。紀女郎はこの歌と一緒に、合歓木の花と茅花(1460の歌)を家持のところへ贈りつけたというから、情愛はもとより機智の富んだ女性でもあったろう。ところが、この濃厚な思いに対する家持の返歌は…
吾妹子が形見の合歓木は花のみに 咲きてけだしく実にならじかも
大伴妬家持 巻八 1463 
 あなたの身代わりの合歓木は花ばかりで、もしかしたら実をむすばないのでは?…などとやり返してしまっている。家持は、わざとらしく彼女の気持ちを疑ってみせ、冷たくあしらうような態度を示している感じがする。地位の点では家持が上であったにもかかわらず、紀女郎の方がご主人様を演じられるほどに親しい間柄の二人だったのだが…やれやれ、その後の二人の恋の行方は果たしてどのようなことになったのだろう?
芽吹きが遅いことからも「眠い木」のイメージを持たれる
旧表面には薄毛があり細かくちりばめられた露が葉の上で輝く
芽吹きも遅く
 眠る木のイメージは、夜になると葉を閉じてしまうことから来ているが、実はこれが春の芽吹きも頗る遅いのだ。他の植物がとっくに葉を伸ばしせ始めた5月の初旬にようやく新芽を覗かせるといった具合で、毎夜の規則的睡眠運動と同時に、季節的には御寝坊さんでもあるわけだ。マメ科の植物の多くは、蝶が羽を閉じたような花形をしているが、ネムノキはどういうわけか細ひもの束がはじけたような花を咲かせる。オジギソウもやはり同様の花形だが、よく見ると雄しべの先にオレンジ色の葯がついているのがわかる。夜になると葉が合わさって閉じるのだが、花の方は夕方から咲き始め、翌朝の午前中には萎んでしまう。ところが、出典の歌で紀女郎は「昼は咲き…」と詠んでいる。何か勘違いしていたのか、それとも他意を持たせたものなのか?葉は、すりつぶして肌にぬると防虫効果があるともいわれている。葉の睡眠運動は、柄の基部の細胞の浸透圧と光などの刺激が関係しているらしいが、やはり形状の似るオジギソウの休眠メカニズムと共通する部分があるようだ。

高木化しやすく、撮影も難儀なことが多い!
管理者『妬持』の声
 
昔、子供の遊びで、葉っぱを取ってポケットの中にいれて葉を眠らせるというのがありました。試しに枝を切って暗いところに置いてみたら、おお確かに数分で葉を閉じたこと。葉形が美しいということでネムノキのミニ株を庭に植えたのだけれど、もう大変。2年目にして、すでに1mを超えようかという勢い。調べてみると山地では10mくらいにも育つ高木だと言うではありませんか。庭に高木などとんでもない。少しかわいそうだけれども、大ナタ振って、鉢植え盆栽として楽しむことにしました。
 大伴妬持