万葉の花とみどり
ねつこぐさ 根都古具佐  オキナグサ
 芝付きの美宇良アなるねつこ草
相見ずあらば我恋ひめやも 
作者不詳 巻十四 3508 
『読み』しばつきのみうらさきなるねつこくさ あいみずあらばわれこいめやも
『歌意』芝付きの三浦アに生えている、ねつこ草のような可憐なあの娘に、もし逢うことがなかったら、どうしてこのように恋い焦がれることができただろうか。


ふさふさした白毛で覆われまるでペットのよう
老人の白髪頭
 歌の「ねつこぐさ」は「寝つ娘」、つまり共に寝たあの娘がとても愛おしいという意味を連想させる。作者不詳のこの歌からは、植物を特定することは難しいのだが、愛らしい雰囲気を持った小振りな草がより適合するように思われる。定説となっているのがキンポウゲ科のオキナグサ。内側は暗い紫色をしているが、がくの外側は毛に覆われどことなく動物(ペット?)のような雰囲気を持っている。和名のオキナグサ(翁草)は、白毛のことを言ったのか、それとも花が終わったあとの姿(画像)を言ったのか、漢名の白頭翁の名に由来するようだ。また、「白頭翁」の原意は、もともと「猫草」で、音がそのまま「ねつこ草」となったという考えもある。
 かつては日当たりの良い草原に生えていた野草だった、現在はその数を大幅に減らし、ほとんどその姿を見ることはできなくなっている希少種である。
我が家のオキナグサは赤花と白花種のみだが、図鑑やモノノ本によると種類も多く、色はもちろん形状においてたいぶユニークなものもあるようだ。
  関連サイト:幻の野草オキナグサ 
赤花種:丈が伸びる前に花が咲き始める。
白花種:昼頃に花が開く(4月初旬)
管理者『妬持』の声
 ページ検索をしていましたら上記サイト「幻の野草オキナグサ」というすばらしいページを発見しました。いや、世の中には「好き者」がいらっしゃるものなのですね。オキナグサというテーマだけでこれだけ盛り上げることができるなんて。確かにこのオキナグサ、ふさふさ毛でうつむき加減に頭を垂れるところなんか、やたらかわいらしい。思わず、よしよしと言ってこちょちょしてやりたくなりますほんと。それにしても共に寝たあの娘で「ねつこ(寝つ娘)草」とは、いやはや万葉集のどきっとする情愛表現にはいつもながら感心です。

TOPページ→ 大伴妬持