万葉の花とみどり
をみなえし 女郎花 姫部四 佳人部為 オミナエシ
 わが里に今咲く花のをみなえし
堪えぬ心になお恋にけり 
作者不詳 巻十 2279
『読み』わがさとにいまさくはなのおみなえし たえぬこころになおこいにけり
『歌意』わが里ではをみなえしの花が今盛りであるが、あなたを恋しく思うその気持ちは もう堪えられないほどです。
秋の七草として
 
オミナエシは、山上憶良の詠んだ秋の七草のひとつとしてよく知られている。ススキの穂に混じって草原に揺れるその姿は、秋の気配をしみじみと感じさせてくれるものである。草丈は1mくらいで、細い茎の先に黄色い小花が群がって付き、夏から十月中ころまで花を楽しむことができる。全草に独特の強い香を持つことから茶の湯の世界では禁花とされてきたらしいのだが、観賞用にはうってつけの色、形状を持っている。ドライフラワーにも向くのではないだろうか。かつては日本全国各地の草原で見られた花なのだそうだが、最近はすっかり影をひそめ、特に関東平野では少し奥まった野でないとなかなか目にすることができなくなっている。

女郎花
 
漢字表記は、女を意味する「をみな」と、粟飯の略が合わさって「をみなめし」となり、さらに訛って「をみなえし」に転化していったとする説が有力。女郎花は、その名の示すとおり、枕の草子、源氏物語など、女性にかかわる歌や物語によく登場する。白い花をつけるオトコエシ(男郎花)という仲間があるのだが、こちらは草木全体がしっかりしていて、女郎花と対象的。秋風にゆらゆらとその身をなびかせる「をみなえし」の方を女性に見立てたのは実に意を得たものに思える。その「女郎花」という実に艶めかしい漢字表記を持つ花ではあるが、個体数の減少は歯止めがきかない状況にあり、その名を聞いてどのような植物なのかわかる人の割合も、確実に減っていくことだろう。
をみなえしを詠んだ歌
ことさらに衣は摺らじ女郎花 咲く野の萩ににほひて居らむ
作者不詳 巻十 2107  
 「衣は摺らじ」から、をみなえしが染色に使われていたことがはっきり読みとれます。
をみなえし咲きたる野辺を行きめぐり 君を思ひ出たもともり来ぬ
大伴池主 巻十 2279  
 越中の守として着任した家持へ、部下の池主が親近の情を表して宴の際に詠んだ歌とされています。
管理者『妬持』の声
 左上の画像は、森林公園の秋の野草園のコーナーで一面「秋の野に咲く花」状態を撮影したものです。草原一面黄色い花の風にそよぐ姿は実に圧巻ですが、そういった風景がそれほど珍しくない時代があったらしいとは解説に述べたとおりです。しかし、いろいろな万葉植物を育てて感じることですが、植物そのものは生育力が旺盛で、とても絶え行く種とは思えない。むしろ、こんな丈夫な野草だから案外大丈夫、それほど神経質になる必要はないのではと思うほどです。なのに確実に個体数が減っているという事実から、植物そのものの力が弱まったというより、草原全体を含む生育環境、生態系自体が何か大きな変化にさらされているのだと考えざるを得ないわけです。
TOPページ→ 大伴妬持