万葉の花とみどり
おもひぐさ 思草 リンドウ ナンバンギセル
道の辺の 尾花が下の 思ひ草
今さらさらに 何をか思はむ
大伴家持 巻四 七七三
『歌 意』道端のススキの下に生えている思い草のように、私は今さら何を思い悩みましょうか。

草陰に隠れるようにして咲くリンドウの花
物思う草・・・思い草は、万葉集以降の作品にも、リンドウの他にススキやツユクサ、オミナエシ等として詠み込まれています。ただ、植物を歌の持つ情景に当てはめているので、植物学的にどの花を指すものかを断定するのは難しいようです。現在は、万葉集の歌に限れば、ススキの根に寄生するナンバンギセルが定説となっています。確かに歌にあるように尾花(ススキ)の下に繁殖することが多く、花もうつむきかげんに咲くのでなるほど「思い草」のイメージに合致するようです。
 今のところナンバンギセルがないので、リンドウの画像だけの紹介になってしまいました。リンドウは乾燥に弱いのでしょうか、鉢植えにしていたものはいずれもすぐに枯れそうになったので、あわてて庭に移植したものです。それほど派手な咲き方はしないものの、あの深みのある青色のグラデーションが魅惑的です。
TOPページ→