・・・仙 覚 律 師 顕 彰 碑 ・・・
昭和3年4月、仙覚の業績を讃え、小川市街地の南西側に位置する八幡台地の上部に、石碑が建立されました。この「仙覚律師顕彰碑」(埼玉県旧跡)は、仙覚律師保存会によって建てられたもので、撰文は国文学者で歌人の佐佐木信綱、書は岡山高蔭です。特に、保存会の佐佐木信綱の仙覚に対する思い入れは深く、石碑建立の実現に労を惜しまなかったと言われます。その信綱はこの思いを次の歌に残しました。
新墾の道をひらきし功とわに 麻師宇の郷の名はとこしえに
後學  源  信綱 
仙覚律師遺跡保存会 
『読み』にいはりのみちをひらきしいさおとわに ましうのさとのなはとこしえに


顕彰碑:小川町大塚春日会館敷地内 遺跡保存会(佐佐木信綱等)に依り建立
「碑 文」仙覚律師遺跡
     日本弘道會會長従二位勲二等伯爵徳川達孝篆額
     東京帝國大学文學部講師文學博士佐佐木信綱撰文

  仙學律師は中世に於ける萬葉學再興の租なり建仁3年東國に生る
  年十三始めて萬葉集の研究に志し寛元四年将軍藤原頼經の命
  を受けて幾多の舊本を参照し初度の校定本を作り古来いまた讀み
  得さりし百五十二首の歌に新に訓點を加えたりき建長五年その
  新點の歌を後嵯峨上皇に奉りしに叡感斜ならす御製一首を
  賜りぬ弘長元年さらに校勘努め文永二年再度の校定本を作れり
  また別に萬葉集註釋の筆を起こし博引旁証至らさるなく
  同六年四月その大著を完成せり時に齢六十七なりきこの地は武蔵
  國比企郡北方麻師宇郷に當たり實にその著の稿を脱しせし所なりといふ
  今茲昭和三年は文永六年より計へて六百六十年なればク人相謀りて
  記念の碑を建つ嗚呼律師の業績はかの集と共に萬葉に朽ちす
  その光永く學界を照さん
   昭和三年四月    前國學院大學講師岡山高蔭書
                    曽根多志三刻

遺跡のある小川町大塚地区八幡台地

徳川達孝や佐佐木信綱の名も見える

昭和天皇の大礼に当たり従四位を、天台宗に
おいては僧正を追贈されたと読める。

北側の土塁から見下ろす

堀の深い構造
 このところ、陣屋台を取り囲んでいたうっそうとした木々の伐採が行われ、すっかり雰囲気も明るくなった。顕彰碑の周りはそのまま万葉植物の植栽を進めるれば魅力的な観光スポットとなるだろう。『仙覚』の業績を、彼が読み解いた万葉集にある種々の木々花々により称えたいものだ。
動 画:遺跡のある中城跡の広角アングル 桜の咲く頃(10秒)
仙覚律師遺跡javaイメージ
仙覚律師遺跡案内  小川町ゆかりの万葉学問僧
東武東上線小川町駅(池袋より急行で約90分)下車、本通りを直進後、埼玉信用金庫手前の役場通りを右へ折れていく感じで5分も歩けば八幡台地が見えてくる。遺跡への入り口はわかりにくいので、武蔵鶴酒造前から小川図書館前に一度出るコースが確実。図書館前を台地に向かって直進すると、急勾配の坂(直進:忠霊塔方面、左折:晴雲酒造方面)にぶつかる。よく見ると案内(春日会館:仙覚律師遺跡)があるので、右折して民家の小道のような坂道を上っていく。車は入れないので注意。近道として、駅からヤオコー〜春日公園〜宮崎病院裏から入る方法があるが、少しわかりにくい。
★地図案内 図書館前を行くコース★

行き方画像ガイド:ゆっくり歩いて15分
1 東上線小川町駅:池袋より急行で90分、出口は一方のみでわかりやすい。
2 駅前本通り:埼玉縣信金手前を右折し、役場とは反対方面に進み交差点へ出る。

 信号交差点を左折:武蔵鶴酒造を通過

4 八坂神社前を通過後、また右折


5 新設の図書館:趣のある作りなのですぐ目に付く。左手に見ながら進む。
6 急勾配の坂手前で案内を確認。わかりづらいが、右折し民家の間の通路に入る。

7 急勾配を登り春日会館敷地内へ

8 一帯は室町期の中城跡

9 案内掲示板

10 宮崎病院裏からも入れる
ちなみに遺跡のあるこの地は、室町時代後半期に築造された城跡「中城跡」で、高く折がはっきりわかる遺構などから戦国時代に使われていたことがわかります。周囲に土塁が確認でき、空掘跡、櫓の痕跡から鎌倉時代の土豪猿尾氏(太郎種直)、あるいは室町時代の斎藤氏(六郎左衛門尉重範)の居城であったと言われています。猿尾(ましお)氏は鎌倉幕府の滅亡に際に際し、この地に逃れ来た将軍守邦親王の庇護者であったともいわれていますがはっきりとしたことは不明です。現在、敷地内はテニスコートとして活用され、土日は練習関係者でにぎやかになります。
動 画:遺跡広角アングル(桜咲く頃)10秒
仙覚律師顕彰碑施設内画像集
隣接する半僧坊大権現堂
権現堂を南から見る:土塁の高さがわかる
権現堂の46体の地蔵様の表情がそれぞれ個性があっておもしろい
中城跡の土塁の高さが目立つ:起伏のあるたのしいコース。斜面は丈の小さい種の植栽に向いく構造と見る。
内側の土塁は落差4−5mはあるように感じる。散策コースというよりアスレティックに近いかも。
宮崎病院口につながる裏道を下る 宮崎病院口から見上げる

仙覚律師についての解説 仙覚の里地域情報 顕彰碑javaイメージ
NPO法人『仙覚万葉の会』