万葉の花とみどり
た け  竹   タケ
ひのき
作者不詳 巻十 2
『読み』
『歌意』。





工事中・・・・工事中・・
管理者『妬持』の声・・・

TOPページ→