万葉の花とみどり
つばき  椿  ツバキ
 巨勢山のつらつら椿つらつらに
見つつ偲はな巨勢の春野を 
坂門人足 巻一 54 
『読み』こせやまのつらつらつばきつらつらに みつつおもわなこせのはるのを
『歌意』巨勢山に連なって咲いている椿の花をつくづくと眺めながら、巨勢の春野を思い出していよう

シンプルで古風なヤブツバキ
多くの花をつける 魅力的な改良種が数多くある
日本原産種
 ツバキは日本原産の常緑樹、日陰湿潤を好み、直立しやすく高木にもなる。大きな花と厚く光沢のある葉が特徴で、庭木として今なおトップクラスの人気を誇りっている。種類が多いことでも知られるが、大輪種や八重など外国で改良されて逆輸入されたものもだいぶ流通するようになっている。日本産のツバキが西洋に渡ったのは近世になってからで、特に19世紀には、ツバキブームと言えるほどに人気を博すようになったが、ツバキの花を付けた娼婦をモチーフにしたオペラ「椿姫」はあまりにも有名。
 また、花や葉の美しさに加え、枝が強いことで古くから武器や農具などさまざまな材としても使用されてきた。日本書紀の巻第七景行天皇には、「則ち海石榴樹を採りて、椎に作り兵にしたまふ。」との記述があり、兵具としての使用が示唆されている。しかし、サカキと同様に神聖な樹木として扱われる一方、花が首からポトリと落ちるように散るので武家社会では嫌われてきたという面も持ち合わせてきたようだ。
 歌の巨勢山は奈良の南西に位置し、持統上皇の紀伊の行幸に伴った坂門人足が、道に並んで植えられた紅色の椿を詠んだ歌とされる。「つらつら」の表現は、「連なる」の意で、ツバキが道に連なって植樹されている様子を表しているとも解せる。ツバキは、古くから染色の助剤(媒染剤)としても利用されてきたが、葉や枝にアルミニウムが多く含まれており、これが木綿や紙の繊維に植物の色素を付着しやすくするのである。次の歌では地名の海石榴市(つばいち)と染色に使う「ツバキ」をかけ、紫染色にツバキの灰が使われたことが詠まれている。
紫は灰指すものそ海石榴市の 八十のちまたに逢へる児や誰
作者不詳 巻十二 3101

  管理者:大伴妬持