万葉の花とみどり
 わらび  蕨 和良比  ワラビ
 
 石激る垂水の上のさ蕨の
     萌え出づる春になりにけるかも 
               志貴皇子 巻八 1418

「読み」いわばしるたるみのうえのさわらびの もえいづるはるになりにけるかも
「歌意」岩の上を水が激しく流れ落ちる滝のほとりの わらびが芽を出す春になったことだ



初夏にブドウのような房を付ける

春の味覚
 志貴皇子による「よろこびの御歌」で、春を謳歌する作品として古くから名歌とされてきたものです。垂水とは滝のことで、岩の上を水が激しく流れ落ちていくほとりで、蕨が芽を出してきた様を生き生きと表現しています。ワラビは、ウラボシ科のシダ植物で、湿気の高い山地に生え、春になって芽吹いてきたものを湯でこぼして食用にします。あくが強いものの、ほどよい苦味とぬめりがあるのが魅力。成長すると1mにもなる多年草で、しっかりした根茎を持ち、こちらもデンプン源として食用になり、わらび餅が良く知られています。


TOPページ→