万葉の花とみどり
わ た     綿   ワタ
 しらぬひ筑紫の綿は身につけて
いまだは著ねど暖かに見ゆ 
沙弥満誓 巻三 335 
『読み』しらぬいのちくしのわたはみにつけて いまだはきねどあたたかにみゆ
『歌意』筑紫の国の真綿の衣はまだ着たことはないけれど、暖かそうだ
本当に綿なら当時の新素材
 
衣服の素材として、コウゾや麻についての歌は多く詠み込まれているのに、綿を題材にした歌はわずか二首で、これはいかにも寂しい。それは、この時代における綿が蚕か野生の天蚕の繭から得られる動物性の繊維=「絹」のことであり、絹が今以上に高級素材であったことをすれば確かに納得できるものがある。また、参考図書には、綿の種は八世紀終わりにインド僧により伝えられたとあり、万葉時代はまだ綿は栽培されていなかったとのこと。しかも、仮に植物の「綿」が早く渡来していたとしても、渡来した当時の綿種は日本の気候に合わず、すぐに絶えてしまったのではないかと考えられてきた。
 しかし、このところ大陸からの渡来物の年代がやたら遡る傾向を考え合わせ、ここでは敢えて、「綿」を植物繊維の「綿」として扱ってみたい。歌には「いまだは著ねど…」とあるが、真綿の衣は確かに高級なものではあったが、既製素材ではない新しいものに対する憧憬の念を表現している。記録上の渡来時期と歌の時間的な隔たりはわすか6〜70年。渡来した珍しい綿の草が大切にされないわけがないし、比較的暖かい九州の地に一時的にせよ栽培されていたと考えても不思議はないと思う。また、わざわざ筑紫という地名まで限定している点にも着目したい。綿を詠み込んだ歌はもう一首あり、その作者はかの山上憶良である。百済からの帰化二世である山上憶良は、筑前守として天平元年〜五年の間九州に滞在していたが、その間に綿を題材にした次の歌を残している。
人とはあるを 人並みに 吾も作るを 綿も無き…(巻五・892)
富人の家の児どもの着る身無み腐し棄つらむ絹綿らはも(巻五・900)
 先進的な文化素養を持っていた憶良は、暖かい九州の地でいち早く「綿」の栽培を目にしていたかも知れない。それで、うわさの「筑紫の綿」というように詠まれているのでは、とも…。
殻はかなり堅い 実がはじけると白い綿が

色変わりする花
 
夏から秋にかけてたくさんの花を付け、すぐに大きな実がふくらんでくる。この皮がかなり硬いもので、晩秋になってようやくはじけるときには「ポン」と音がするとも言われる。綿と言えば繊維の生産目的に栽培される農産物というイメージばかりが強いのだが、実際に育ててみてまず感じるのは花の美しさである。知らない人に尋ねられ、綿の花ですよと答えると、たいていの人は驚きの表情を見せる。図鑑には、オクラのような花で黄色のものが一般的とある、確かに種類も多いようだ。

意外なほど見事な花 色変わりして色濃く
管理者『大伴妬持』の声
 我が家のワタは購入した種から育てたものですが、花の色は始めは白く徐々に桃色に色づき、しぼむ寸前は赤紫へと変化するのです。似たような花の色変化のパターンを持つ植物は珍しくはないのですが、単なる農産物の一種と思いこんでいた私にとっては大きな発見でした。それにしても、オクラに似た花と山上憶良か…オクが深い話ではありました。
 管理者:大伴妬持