万葉の花とみどり
ゆ り  由利 佐由里 ユリ
筑波嶺のさ百合の花の夜床にも 愛しけ妹そ昼も愛しけ
大舎人部千文 巻二十・4369 
『読み』つくばねのさゆりのはなのゆとこにも かなしけいもそひるもかなしけ
『歌意』筑波山に咲くあの優雅な百合の花のように、夜の床の中でもいとしい妻は、昼もまたいとしい。

実に目立つ花:かなり遠目でも容易にその確認ができる。
(画像提供:ヒロキさん)
優美な姿を女性にたとえる
 大舎人部千文(おおとねりべのちぶみ)の歌に詠み込まれているユリは、風にふかれるその優美な姿を、麗しい女性にたとえている。「ゆり」という語には、「後」という意味があるらしく、花の百合に続いて「後(あと)」という表現が用いられる歌が少なくないようだ。次の歌では、後にまた逢おうというような意味で使われている。
灯火の光に見ゆるさ百合花 ゆりも逢はむと思いひそめてき
内蔵縄麻呂 巻十八・4087 
わぎも子が家の垣内のさ百合花 ゆりと言えるは否と言ふに似る
紀朝臣豊河 巻八・1503 
 また、遠くからでも目を引くゆりの大きな花は、観る者に向かってにっこりと微笑みかけてくれるように見える。「さ百合の花の花笑みに にふぶに笑みて(家持 巻一八・4116)」「…草深百合の花笑みに 笑みしがからに…(作者不詳 巻七・1257)」では、「百合」と「花笑み」がセットで用いられている。

東のヤマユリ、西のササユリ

 万葉では「さ百合」「草深百合」「姫百合」として詠まれているが、該当するユリは主にヤマユリかササユリであると考えられる。この二種のユリは糸魚川−静岡構造線を境にして、東にヤマユリ、西にササユリというように見事に分かれて自生する。ヤマユリは、九州の一部でも見られるのだが、これは栽培目的に移植されたため、分布地域を広げたためと考えられる。歌のユリも、作者である大舎人部千文は常陸国出身の防人であると伝えられ、筑波嶺という具体的地名を詠みこんでいるので、おそらくは関東一円に自生するヤマユリを指したものだろう。対してササユリの方は、酸性土壌が苦手で栽培が困難なため、広がりの幅は小さく、ヤマユリほどではなかったようだ。

日本はユリ王国
 漢名の百合は、球根の鱗片が多く重なっている様子を表わし、和名の「ユリ」は、茎に比して花が大きいため風にゆれることに由来するとも言われている。日本には二十種類ほどのユリが自生し、原種が多いことでも知られる世界に誇るユリ王国。江戸末期、例のシーボルトがアジサイ、ツバキとともに、やはりこのユリの原種もヨーロッパに持ち帰ったのだが、19世紀のヨーロッパで、金色筋入りのユリとして紹介され、大変な人気を博したといわれる。園芸店では様々なユリの球根を目にすることができるようになったが、一度西洋に渡り品種改良されて逆輸入されたものが少なくない。

救荒植物

 球根(ユリ根)は、戦中戦後の一時期に救荒植物として多用された。食に窮する時代に暮らした人にとっては、「救急植物」として記憶に止められている方も少なくないかも知れない。苦しいときに頼りになったのは純国産種のユリであったわけだ。もっとも現代的な見方としてユリの立場からすれば、反環境、一方的な被害を受けたことにはなるのだが・・・。一風変わった料理として、百合根の調理の紹介なる記事を目にすることがあるが、灰汁抜きをして軽く味付けをするとなかな美味であるとのこと。

管理者『妬持』の声・・・ ユリというとあの強い香りと共に紅色の花粉が思い出されます。おしべが服に触れるとまるで口紅のようにべったり、その場で簡単に落とせるものではありません。家人からあらぬ嫌疑を受けぬためにも、事前にあれこれ言い訳を考え洗濯をお願いすることになる。もちろん、心当たりのある場合などはかえって、「どこぞのお庭の美しきユリに引っかけられた」と弁明することも可能に。ところで冒頭歌の「歌意」ですが、あのままでは何か物足りない様な気が致しますがよろしいですかね。

TOPページ→ 大伴妬持